2010年、明けましておめでとうでございますな。

e0098707_2361946.jpg

e0098707_2361977.jpg

えー。
今さらながら、ご挨拶をさせて頂きまして。
え、この時期に新年のご挨拶とは、あー、きちんと社会に出ておられる方々には、こう「ふざけんなー」と言われてしまうかもしれませんが、しかしここに引け目を感じてしまうのもまた、あー、ちゃらんぽらんの性なんでございますな。

えぇ。さて。
何事も境目というのは非常に難しいものであります。
字面ではわかりにくいかもしれませんが、落語調気味に、こう、書いているわけなんですが、と言いますのも、昨年末の庭劇団ペニノの落語がぬけているのかいないのか。
これがまず境目が難しいところであります。

改めまして、遅ればせながらではありますが、昨年12月の庭劇団ペニノ『太陽と下着の見える町』に来てくださったお客様、コメントをくださったお客様、公演に関わってくださったすべての皆様、本当に本当に、ありがとうございました。
ずっと好きだったペニノにオーディションにて念願の出演、落語に挑戦、そして結果沢山のお客様に観ていただけたことは本当に嬉しいことでございました。
パンティの写真を載せるほどに、えー、パンチラ芝居、とてもとても好きな作品だったわけで、えー、ございます。
よって落語がぬけているのかいないのかも、境目が曖昧なところは許して頂けたらと思っております。
ついでに、もはやこれが落語調気味の、気味ですらあるかの境目も、おー、許して頂きたい次第であります。

さて、そうなりますとこの、境目の難しさはどこまで許して頂けるのか。ということでございますな。
昨年から長いこと更新せずに新年あけてしまい更に新年の境目から一週間経ってのご挨拶は圏内なのかということから、昨年の芝居のお礼が年をまたいでしまったという境目のはみ出しは圏内かという問題、さらに、昨年からメールのお返事が滞っているのを今お返事して圏内か、など思い当たる節は沢山ございます。

しかし。心配ばかり多々ありますが、改めて新年のご挨拶といたしまして、どうぞ、どうか、今年も何卒よろしくお願いいたします。


さて、えー、ご報告がふたつあります。
まずひとつめは、昨年出演いたしました 、
岡崎藝術座
『ヘアットさん』
が岸田戯曲賞最終候補に選ばれました!ということです!

更に、夏に関わらせて頂いた
劇団、江本純子
が選ばれました!
作品は
『セクシードライバー』
で、私の出演させて頂いたのは『常に最高の状態』ですが、「劇団、江本純子」のノミネートはとてもとても嬉しいです!


二つ目のお知らせは、これも大変大事なお知らせなんですが…

明日1月8〜10日まで、下北沢スズナリとなりの元映画館、シアター711で、コントを、えー、やらせて頂きます!
次に詳細載せますので是非ご覧頂きたく、うー劇場に来ていただけたら嬉しいなあと思って、え、おります。

まあ今回これの劇中で流す映像のイラストなども、お、担当させて頂き非常に楽しんでおりますが、作業にノってくると勿論寝るのも忘れて描くわけでして、日の境も曖昧になり、更にそんな状態で稽古に行くと、まあそもそも普段から曜日感覚はありませんが、平日休日祝日などがわからなくなりナントカ線のナントカ急行で降りたい駅をすっ飛ばされたり、甚八の座敷でつぶれた抹茶味のマカロンを見つけたと思ってよく見たら練りわさびだったりと、色んな境が曖昧になるわけで、こればかりは人に許しを乞うものではなくなってくるのでございますな。

とりあえず、えー、クリスマス・忘年会・大晦日・正月は記憶の境がほぼないわけでして、ひとつ残念だったのが、毎年恒例の五反田団・ハイバイらの新年工場見学会に出られなかったことでございます。
ギリギリまで出る気満々でしたが、諦めざるを得ず、今年はいつもと違う年明けでございました。

その代わり、コントを思い切りやっています。楽しんでおるわけです。

正月見学会はきっとまた来年やると思います。

というわけで、色々と境のない私、えー、よく言えばバリアフリーのわたくしは、年越しに中華めんを食べ、正月に蕎麦を頂いた、というお話で、え、ございました。

それでは重ね重ねではありますが、本年もどうぞ、よろしく お願いいたします。

2010年1月7日 内田慈
[PR]
by chikappoi | 2010-01-07 23:06