<   2010年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

『友達の友達』終了しました〜

e0098707_358371.jpg

e0098707_358374.jpg

e0098707_358388.jpg

e0098707_358320.jpg

e0098707_358351.jpg

遅ればせながら、ご来場下さったお客様、公演に関わって下さったすべての皆様、コメント下さった皆様、本当に本当にありがとうございました〜!!
本当に連日満員御礼で、嬉しいかぎりでした。
お問い合わせ下さったのにお入り頂けなかったお客様、ごめんなさい〜!

正月すぎてましたが、そんな時期にぴったりの、こう、まだ正月感の残ったほのぼのした感じと仕事が始まったピリピリした感じがまざった時期という意味でぴったりの、なのかよくわかりませんが笑、とにかくなんというかこの時期にぴったりの、ほのぼのゆるゆるしつつなんかシュール気味の不条理的のコントでした。

オープニングでは多少正月を意識して全員着物を着て華やかに彩り、寅年の話をしました。
右から、大政さん・佐藤さん・ふじきさん・内田です。
やっぱ着物は良いですね〜着物すき。

口口口(クチロロ)三浦さんのつくって下さったオープニングテーマ曲もまたコントに合っていて、素敵でした。れこーでぃんぐ楽しかったー三浦さん、ありがとうございました〜。

私はふじきさんの書く台本の、なんか絶妙さとその絶妙さの上品さが好きです。
ほんでも今回、ふじきさんとは以前からじゃっかん接点があったもののほぼ初めてでした。
で、佐藤さんの友達の友達ということで関わらせて頂きました。
だから大政さんとは本当の友達の友達で初めてでしたが、まず内田はそもそもサモアリが大好きで、その大好きなサモアリの佐藤・大政両氏の普段からのやりとりがまた面白く、佐藤さんの言い間違えに大政さんが突っ込む様子など秀逸で、佐藤さんが

「素人と玄人」

と言おうとして、

「素人とプロート」
ってなんか「プロ」がまざっちゃったときの佐藤さんのボケ度合いも半端ではありませんが、それに対する大政さんのツッコミの鋭さを含めた一連の事件はなかなか衝撃的で、割りとすぐに馴染ませて頂きました、つもりです。
「ちかちか坊や」という新しいあだ名をつけて頂きました、大政さんに。

シアター711という小屋も、映画館時代から好きでしたが舞台としてもとても届きやすくて、なんかすきです〜

実はおばちゃんキャラ(姉の役ですが)は初めてだったので新たな発見もあり、「友達の友達」の旗揚げ公演に関わらせて頂けたことを幸せに思っています。皆様、本当にありがとうございました!

すきすき要素を盛り込んでしまったのでかわいい女子風ですが(ですかね)、ズレた時期の正月とかが私には多分合ってまして、つまり清々しい気分での2010年幕開けなのです。

今年も魂はアンダーグラウンドに、色々芝居したり、出来たら踊ったり歌ったり描いたり(写真四枚目五枚目は芝居中オープニングとエンドロールで使った絵です〜)ブログも頑張って書いたり、(写真二枚目見て思いましたが)口でかいけど頑張りますので、よろしくお願いいたします。

そして、ふじきさんが脚本を書き佐藤さんがサボテンのサボさんとして出演しているNHKの「みぃつけた!」も〜、これからも〜、楽しみです〜

ではでは、本当に、ありがとうございましたです〜
[PR]
by chikappoi | 2010-01-14 03:58

緊急告知!『友達の友達』

e0098707_0162568.jpg

e0098707_0162580.jpg

e0098707_0162557.jpg

1月8〜10日まで、「友達の友達」というユニットの旗揚げ公演、『友達の友達』に出演します〜

「友達の友達」は、サモ・アリナンズの佐藤貴史さんと大政知己さんと、「シティボーイズミックス」や「Nの方向」でコントを書いているふじきみつ彦さんによるユニットです。
毎回、友達の友達ぐらいの親しさの方と公演をしていく予定だそうです。

旗揚げ公演の今回、声をかけて頂き、ゲスト出演させて頂けることになりました〜

佐藤さんとは5年くらい前に温泉きのこという劇団で共演させて頂きましたが、大政さんは初めてで、ふじきさんも5年くらい前にちょっとお会いしたことがあるもののほぼ初めてで、本当の友達の友達的な感じです。

「よそよそしく面倒くさいコントをオムニバス形式で上演します。」です、チラシより。

内田にとって、過去コメディはありますが「コント」と銘打ったものは初めてなものでドキドキしながらの参加でしたがしかし楽しんでます。

空気とかなんか、ほよほよした雰囲気を楽しんで頂く芝居的なコントで、お正月ちょっと過ぎたこのあたりの期にぴったりな、そんな楽しいコントです。
チラシには書いてありませんが、ふじきさんも出ます。

そしてそして!!

今回はテーマ曲を作りました!
オープニングで歌ってます。
作詞はふじきさん、作曲は口口口(クチロロ)の三浦さんで、出演者全員で歌ってます。
写真二枚目三枚目がレコーディング風景。二枚目は左が佐藤さんで右がふじきさん、三枚目が三浦さん。

んでさらにさらに!!

内田、芝居中に使う映像のイラストを描かせて頂きました!!
ちょっとぼんやりアニメーション的な感じもあり山〜の〜。
そんなわけで、観ていただけたら非常に嬉しいのです。

きてね〜


第1回公演「友達の友達」

作・演出 ふじきみつ彦
出演
佐藤 貴史(サモ・アリナンズ)
大政 知己(サモ・アリナンズ)
ふじき みつ彦
内田 慈

※チラシには載ってませんがふじきさんも出演します。


劇場 下北沢 シアター711
(下北沢スズナリ劇場となり)

【公演スケジュール】
2010年1月8日(金)〜1月10日(日)

1月8日(金)
16:00(旗揚げ記念料金)、19:30

1月9日(土)
15:00、19:30

1月10日(日)
14:00、18:00

※受付は開演60分前、開場は30分前となります。

【チケット】
日時指定/全席自由

☆通常料金
前売 2,800円
当日 3,000円

☆旗揚げ記念料金
(8日(金)16時の公演のみの特別料金 )
前売 2,300円
当日 2,500円

※未就学のお子様はご入場できません。予めご了承ください。

●劇団予約
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=5d6b4989ff

●チケットぴあ 0570−02−9999(Pコード:400−032)

※開演5分前を過ぎましてもお越しにならない場合はキャンセル扱いとさせて頂く場合がございます。時間には余裕を持ってお越しくださいますよう、ご協力お願い致します。

公演に関するお問い合わせ】
080−1455−9898
info.tomodachi711@gmail.com

★友達HP★
http://tomodachi-no-tomodachi.jimdo.com/
※携帯からのアクセスは若干読みづらい可能性がございます。


告知がギリギリながら、売り切れの回もあり大変恐縮ですが、お待ちしています〜
[PR]
by chikappoi | 2010-01-08 00:16

2010年、明けましておめでとうでございますな。

e0098707_2361946.jpg

e0098707_2361977.jpg

えー。
今さらながら、ご挨拶をさせて頂きまして。
え、この時期に新年のご挨拶とは、あー、きちんと社会に出ておられる方々には、こう「ふざけんなー」と言われてしまうかもしれませんが、しかしここに引け目を感じてしまうのもまた、あー、ちゃらんぽらんの性なんでございますな。

えぇ。さて。
何事も境目というのは非常に難しいものであります。
字面ではわかりにくいかもしれませんが、落語調気味に、こう、書いているわけなんですが、と言いますのも、昨年末の庭劇団ペニノの落語がぬけているのかいないのか。
これがまず境目が難しいところであります。

改めまして、遅ればせながらではありますが、昨年12月の庭劇団ペニノ『太陽と下着の見える町』に来てくださったお客様、コメントをくださったお客様、公演に関わってくださったすべての皆様、本当に本当に、ありがとうございました。
ずっと好きだったペニノにオーディションにて念願の出演、落語に挑戦、そして結果沢山のお客様に観ていただけたことは本当に嬉しいことでございました。
パンティの写真を載せるほどに、えー、パンチラ芝居、とてもとても好きな作品だったわけで、えー、ございます。
よって落語がぬけているのかいないのかも、境目が曖昧なところは許して頂けたらと思っております。
ついでに、もはやこれが落語調気味の、気味ですらあるかの境目も、おー、許して頂きたい次第であります。

さて、そうなりますとこの、境目の難しさはどこまで許して頂けるのか。ということでございますな。
昨年から長いこと更新せずに新年あけてしまい更に新年の境目から一週間経ってのご挨拶は圏内なのかということから、昨年の芝居のお礼が年をまたいでしまったという境目のはみ出しは圏内かという問題、さらに、昨年からメールのお返事が滞っているのを今お返事して圏内か、など思い当たる節は沢山ございます。

しかし。心配ばかり多々ありますが、改めて新年のご挨拶といたしまして、どうぞ、どうか、今年も何卒よろしくお願いいたします。


さて、えー、ご報告がふたつあります。
まずひとつめは、昨年出演いたしました 、
岡崎藝術座
『ヘアットさん』
が岸田戯曲賞最終候補に選ばれました!ということです!

更に、夏に関わらせて頂いた
劇団、江本純子
が選ばれました!
作品は
『セクシードライバー』
で、私の出演させて頂いたのは『常に最高の状態』ですが、「劇団、江本純子」のノミネートはとてもとても嬉しいです!


二つ目のお知らせは、これも大変大事なお知らせなんですが…

明日1月8〜10日まで、下北沢スズナリとなりの元映画館、シアター711で、コントを、えー、やらせて頂きます!
次に詳細載せますので是非ご覧頂きたく、うー劇場に来ていただけたら嬉しいなあと思って、え、おります。

まあ今回これの劇中で流す映像のイラストなども、お、担当させて頂き非常に楽しんでおりますが、作業にノってくると勿論寝るのも忘れて描くわけでして、日の境も曖昧になり、更にそんな状態で稽古に行くと、まあそもそも普段から曜日感覚はありませんが、平日休日祝日などがわからなくなりナントカ線のナントカ急行で降りたい駅をすっ飛ばされたり、甚八の座敷でつぶれた抹茶味のマカロンを見つけたと思ってよく見たら練りわさびだったりと、色んな境が曖昧になるわけで、こればかりは人に許しを乞うものではなくなってくるのでございますな。

とりあえず、えー、クリスマス・忘年会・大晦日・正月は記憶の境がほぼないわけでして、ひとつ残念だったのが、毎年恒例の五反田団・ハイバイらの新年工場見学会に出られなかったことでございます。
ギリギリまで出る気満々でしたが、諦めざるを得ず、今年はいつもと違う年明けでございました。

その代わり、コントを思い切りやっています。楽しんでおるわけです。

正月見学会はきっとまた来年やると思います。

というわけで、色々と境のない私、えー、よく言えばバリアフリーのわたくしは、年越しに中華めんを食べ、正月に蕎麦を頂いた、というお話で、え、ございました。

それでは重ね重ねではありますが、本年もどうぞ、よろしく お願いいたします。

2010年1月7日 内田慈
[PR]
by chikappoi | 2010-01-07 23:06