いやはや、ありがとうございました、の、24日。

お礼が遅くなりごめんなさいです。
3/21〜27日本橋三越本店画廊にて行われた「小林裕児と物語展-森からの声-」にご来場くださった皆様、そしてその期間中の24日限定スペシャルギャラリーパフォーマンスにご来場くださった皆様、まことにまことに、ありがとうございましたっ!
そして関係者の皆様、本当にありがとうございました。

いやはや、や〜

一日だけのパフォーマンスでしたけれど、長い期間公演をやっていたときのような、一種のふぬけ状態にありました。
というのも、それだけの異文化交流による、カルチャーショックを受けたからです。
稽古段階のひとつひとつがとても、とても、有意義で、たのしかったしいろんな話をして、聞いて、びっくりしたり、はっきりしたり、しました。

これは、一部Twitter(chikappoiuchidaでやってます)にも書いているので重複した方ごめんなさいですが、
もちろん、いままで、満足したためしはないという意味で、いつものように課題と反省もあります。
「答えの途中」だったかなぁ、とか。
しかし、いつも(何をやっているときでも)、その時点での「答え」なだけでいつも探している途中、なのだと、あらためて思ったりして。

その、過程が、すごく、なんか、よかった。
小林さんから頂く企画は三回目ですが、今回始めて、作家さん二人と、演出家さんと、いる中でやったからかも。

今までは、私一人で書いて構成して自分演出、それに即興音楽のみなさんに「つきあっていただく」というかたちだったのですが、もっと、良い方法がないかなぁとずっと思っていたのです。

それが、今回、その入り口が、
見えたかも、
いや、
チラッとみた、
かもしれないような。

まだまだ未完成ですが、是非是非探究していきたいです。

そして、どうか、どうか、みなさまには、見守っていただけたらなぁ、そしたらうれしいなぁ、と、
思っています。

いろんなひとと関わることは、いままで知らないものとであうことでもあって、最初はどきどき少し、おどおど、けど、やっぱり、自分以外の人が自分に与えてくれる影響は、でっっっかいんだなぁー

と。とか。

というわけで、内田は8月の「サイケデリック・ペイン」という、いのうえひでのりさん演出の舞台まで、舞台じゃないこととかをぽちぽちやりつつ、お酒をのみながら、元気に歩いています。

ぽちぽちもぼちぼち、情報あっぷしていきますので、今後とも、よろしくお願いいたします〜

ではでは!
あでゅう!
[PR]
by chikappoi | 2012-03-30 03:45